カテゴリー: 絵日記

タグ:mac(1)  あるある(2)  ハードウェア(1)  

【制作あるある】なんで作業中にソフトすぐ落ちてまうん…?

Fireworks・Photoshop・Illustratorなどのアドビソフトを使用していると、挙動の重さでイライラが貯まる…

アドビ製品が重い
挙句の果てに、作業途中でソフトが落ちて1時間の作業がパー。イライラMAXで事務所が殺伐とした雰囲気になる。

ソフトが落ちて作業がパーに
たぶん、制作会社あるあるだと思います。

2016年の年の瀬。ついにチップディップも、その状況に直面してしまいました。

この状況を打開するため、制作スタッフのPCのメモリの増設 + HDDからSSDへの交換を行いました!

PCのモニターを外し、メモリの増設作業をする神谷

チップディップで使用しているPCはiMacですが、iMacの21.5インチのタイプはLate 2011以降のモデルはこの様にモニターを剥がして分解しないとメモリの交換ができない仕様になっています。

さらに、Mid 2014以降のモデルに関してはメモリの交換自体が不可能になっています。
ただし、HDDの交換は可能です。

つまりメモリの増設についてまとめると、こうです。

年式 \ インチ数 21.5インチ 27インチ
Mid 2011以前 分解せずに交換できる 分解せずに交換できる
Late 2011 〜 Late 2013 分解すれば交換できる 分解せずに交換できる
Mid 2014以降 交換できない 分解せずに交換できる

作業方法については『iMac 〇〇(Late 2013等の型番) メモリ増設』などでググると、結構やり方が出てきますので、興味のある方は色々調べてみるのも面白いかもしれません。

※自分でMacを分解してしまうとアップルのサポートを受けられなくなるというデメリットもありますので、メモリの増設やHDDの交換をご検討の方はくれぐれもご注意いただき、自己責任にて慎重に作業を行ってください!

 

2016.12.14

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

実験中→ いいね: ツイート: 0

TOP