どこでもカラーミーやカゴだけMakeshop使えば商品ブランドサイトとかLPが作れるよ!って話②

この記事は、
どこでもカラーミーやカゴだけMakeshop使えば商品ブランドサイトとかLPが作れるよ!って話①
の続きです。

前回の記事で紹介したとおり、ランディングページやブランドサイトでは、
購入フォームか「カートへ入れる」ボタンがそのページ内に設置できるかどうかで
コンバージョン率(購入完了の到達率)がけっこう変わります。

そこで活躍するのが、
国内のメジャーASP「カラーミー」の外部カート機能『どこでもカラーミー』
国内のメジャーASP「メイクショップ」の外部カート機能『カゴだけメイクショップ』
です。

それぞれの実装例がこちら
↓↓↓
どこでもカラーミーの実装例
カゴだけMakeshopのサンプル

メイクショップの方はサンプルページなので、
スタイルがテキトーになっていますが、
スタイルはちゃんとカスタマイズできますよ。
オプションも付けられます。

ただ、
メイクショップは「プレミアムプラン」という
ちょっと高めのプランに申し込んでいないと、この機能は使えません。
ですので、「カゴだけMakeshop」は、
既にメイクショップでお店を営んでいて、
ショップとは別でブランドサイトを立ち上げたい場合なんかに最適です。

カラーミーの場合は、
エコノミープランから使えるので、
コストを最小限に抑えてオープンさせたい場合は、カラーミーを選ぶと良いですね。

ネット上の公式の解説を見ても、
カスタマイズのscriptの書き方までは教えてくれませんので
スタイルをかっこよくしたり、
数量指定できるようにしたりするには、
jsを書く必要がありますが、
特別難しいソースというわけではないです。

ただ、これらの外部カートを使うときには、
会員登録・ログイン・マイページ
といったリピーター向けの機能が連携できないので、
新規顧客獲得用のコンテンツにだけ使う、
そもそもリピート購入率の低い商材に使う、
といった使い方がおすすめですね。

2016.10.18

Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

実験中→ いいね: 3 ツイート: 3

おすすめの記事

TOP